読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

揉めない相続を目指そう!!

相続を分かりやすく解説し、笑顔で爽続!!

こんにちは。

 

今日も、揉めない相続のために遺言書を書こう

 

【 遺留分制度 】

 

憲法29条1項では、「財産権は、これを侵してはならない」と規定されており、

この規定は、私有財産制度を保障した規定である。私有財産制度からすると、

人はその所有する財産を自由に処分することができる。生前に贈与を行うことや

遺言書により亡くなった後の財産処分を行うことも自由です。

 

しかしながら、この原則を貫くと、相続人が被相続人の財産を全く享受できない

場合も生じることなどの不都合が生じます。相続人の中には、被相続人とともに

生活して、被相続人の財産形成に貢献してきた人もいるでしょう。

これらの相続人が被相続人の財産を全く享受できないとすると、それらの者の

利益が侵害されることになります。

 

そこで民法は、被相続人の財産処分の自由と一定の相続人の利益との調和を

図る点から一定の相続人(遺留分権利者)に、法律上、被相続人の財産の一部を

留保することを保障する制度として遺留分制度を設けています。

 

******************************************************************************

 

今日は、ここまでです。

 

また、明日書かせていただきます。

 

 

 

                      橋本 英行