読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

揉めない相続を目指そう!!

相続を分かりやすく解説し、笑顔で爽続!!

こんにちは。

 

今日も、揉めない相続のために遺言書を書こう

 

【 財産を社会福祉法人等に寄付する場合 】

 

財産を社会福祉法人などに寄付する場合の遺言書

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

遺言者〇〇〇〇は、本遺言書により、次のとおり遺言する。

1.遺言者〇〇〇〇は、社会福祉法人〇〇会に、現金3,000万円を遺贈する。

2.

3.

 

平成29年〇〇月〇〇日

    〇〇県〇〇市〇〇町〇丁目〇〇〇番地

          遺言者 〇〇〇〇  ㊞

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

社会福祉法人等への寄付

自分が死亡した後、遺産を社会やお世話になったの施設などに役立ててもらいたいと

望む人もおり、そのような場合は、財産を社会福祉法人等に遺贈することも認められています。

社会福祉法人等にに寄付すると相続税がかからないというメリットがあります。

遺産が多くて、相続人が多額の相続税の負担を強いられることが予期できる場合は、

相続税の軽減のために、社会福祉法人等に寄付することを検討することも有用です。

相続税法12条)

 

******************************************************************************

 

今日は、ここまでです。

 

また、明日書かせていただきます。

 

 

 

                     橋本 英行