読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

揉めない相続を目指そう!!

相続を分かりやすく解説し、笑顔で爽続!!

こんにちは。

 

今日も、、揉めない相続をテーマに書かせていただきます。

 

【 生命保険の活用 】

 

生命保険には、非課税枠があります。

そのため、一定の節税効果があると思われます。

その他、納税資金や遺族の生活保障、相続対策として活用できます。

 

生命保険のメリット

 ①法定相続人一人につき 500万円 の非課税枠がある。

 被相続人が亡くなった場合は、相続人が生命保険を受け取ると

 「みなし相続財産」として相続税が課税されます。

 しかし、生命保険は、「500万円✖法定相続人の数」の非課税枠があります。

 

 例えば、相続人が配偶者と子供一人の場合は、法定相続人が二人となり、

 1,000万円(500万円✖二人)まで非課税です。

 

 ②納税資金に充当させることができる。

 相続税は納付期限までに現金で一括納付が原則です。

 しかし、相続財産が不動産などが多い場合、

 納税資金が足りなくなる恐れがあります。 

 生命保険は、通常1ヶ月位で、現金で振り込まれます。

 

******************************************************************************

 

今日は、ここまでです。

 

また、明日書かせていただきます。

 

 

 

                    橋本 英行