読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

揉めない相続を目指そう!!

相続を分かりやすく解説し、笑顔で爽続!!

こんにちは。

 

今日も、揉めない相続をテーマに書かせていただきます。

 

【 取引相場のない株式と事業承継 】

 

1.株式会社の事業承継

 

事業承継とは、会社の経営について現在の経営者から後継者へと

引き継ぐことをいう。具体的には、経営権の後継者への引き継ぎと、

自社株の引く継ぎについて留意していかなければならない。

 

①経営権の引き継ぎ

 事業承継の重要ポイントとして、経営権の後継者への引き継ぎがある。

 同族会社においては、オーナー社長の親族が後継者になる場合が多い。

 経営権の引き継ぎは、相続が始まってから後継者を決めるのではなく、

 事前に後継者決定し、経営者としての教育や育成を十分に行うことが

 重要となってくる。

 

②自社株の引き継ぎ

 事業継承のもう一つの側面として、現在の経営者が所有する株式(自社株)の

 後継者への引き継ぎがある。後継者が安定した経営権を確保するためには、

 会社を実効支配するのに必要な数量の自社株を、

 後継者に所有させておかなければならない。

 一般的に、業績の良い会社や含み益のある土地を所有している会社は、

 自社株の評価は高くなる。このような会社において相続により後継者が

 自社株を一時に引き継ぐと、相続税の負担が過大となり、

 納税資金等で苦慮することが考えられる。そこで、生前において、

 自社株評価(株価)の引き下げ対策を行うと同時に、計画的に後継者に

 自社株を移転することを、検討していくことが事業継承対策として

 重要になってくる。

 

******************************************************************************

 

今日は、ここまでです。

 

また、明日書かせていただきます。

 

 

 

                      橋本 英行